はじめに


2017/7/5

所有と経営の分離

会社の基本的構造は「所有と経営の分離」です。これから会社を設立する人、しかも、小さな会社を設立する人に向かってこんな話をする専門家(公認会計士、税理士、司法書士など)はいないと思います。しかし、会社という仕組みや制度を語るにあたって忘れてはならないことです。会社の原型なのです。会社には様々な規模や形態のものがありますが、どれもがこの原型をカスタマイズしたものなのです。

所有と経営の分離とは、会社に資金を提供する者(出資者=株主)と会社を経営する者(役員=取締役)が別々であるということです。これは上場企業の構造を考えてみれば容易にご理解いただけると思います。上場企業の経営者(社長や専務などの役員)の中には、その会社の株式を全く保有していない者もいます。保有しているとしてもわずかの株数です。上場企業の大株主の中にその会社の経営者が含まれているのは、ごく例外です。

中小零細企業においては所有と経営の分離には程遠い状態です。中小零細企業において所有と経営の分離がなされていない理由は、「銀行の存在(企業の銀行借入れへの過渡の依存)」、「出資者と経営者の会社制度に対する理解不足」、「会社の経営基盤の弱さ」、「会社内容の不透明さ」などが考えられます。中小零細企業における所有と経営の分離は並大抵のことではできませんが、以下のことを心がけていれば出資者が現れ、大きく飛躍するチャンスをつかむことも可能です。

◆会社制度に対する理解を深める(法令を遵守する)
◆明確かつ客観的な事業計画を立てる
◆公私の区分
◆正確かつ明瞭な企業内容の公表
◆出資者への分配(配当)
◆出資者が投下資金を回収する方法を用意しておく

所有と経営の分離は「理想論」と、あきらめてはいけないのではないでしょうか。

これから会社を設立する人の中には、「節税になりそうだから」とか「体裁がいいので」という人もいると思います。それは、それでよいとして、せっかくの機会ですので会社という制度の仕組みに対する理解を深めてください。将来それが必ず役に立ちます。

「会社はこういうときに活かせるのか!」ということが必ずあります。