お問い合せ


2017/12/12

決算と申告は専門業者(会計事務所)に依頼するのが「会社経営の鉄則!」です。

会計事務所に依頼したからといって希望どおりの決算や申告ができるわけではありません。会計事務所は、「神様・仏様」、「魔法使い」ではありませんので、金融機関から無制限・無条件で融資が受けられる決算書、税務調査が免除される申告書を作成することはできません。また、恥ずかしながらミスもします。

かといって、素人が自分で決算と申告をするのはあまりにも無駄が多すぎます。この無駄を毎年毎年続ければ膨大な損失が累積します。決算と申告の作業のために本業を犠牲しなければならず、本業で「利益を得る機会を失う」からです。

どの役所に申告書を提出するのか?
申告書の用紙は?
納付はどのようにしてするのか?
いつまでに????

決算と申告は年1回です。会社経営を10年続けても10回しか経験できません。ですから、何年経っても基本的なことさえも身につかず、毎年同じことに戸惑います。さらに、身近に相談できる人もいないことから、ささいな疑問を解決するのにも日数を要します。

人生なんて、あっという間に終わります。事業をしている期間なんて、さらに短いです。だから、事業においては無駄を徹底的に排除しなければならないのです。

===============================

当事務所へのご依頼をご検討の場合は、下記当事務所案内サイトの要領でお問い合わせください。
https://www.tsukiyama-kaikei.com/
年中無休、夜11時まで電話受付いたします。

当事務所では、ご依頼を検討されている段階での相談は一切無料です。また、夜間・休日の相談にも対応しております。さらに、「緊急!」のご依頼にも誠意を持って対応させていただきます。

【ご注意】
大変申し訳ありませんが、当事務所は営業エリアを関西圏=近畿2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)に限定しておりますので、関西圏以外からのお問合せにはお応えしておりません。